理学療法士になるなら専門学校に通おう|学費の相場を紹介

勉学

奨学金の活用

理学療法士になる為にはある程度の学費が必要です。学費は通う学校によって違いがあり、それを考えながら学校を目指す必要があると思います。学費の援助を受けたいならば国から奨学金を借りて理学療法士の学校に通う方法もあります。

施術

必要になって行く仕事

高齢化が進む日本では、ケガや病気の予防をアドバイスできる理学療法士が必要な時代になっています。国家試験を受けるには、各種学校で学ぶ必要があります。学費は高額ではありますが、この仕事の需要は確実に増えていきます。

3年制と4年制

メンズ

国家試験と実習が大切

理学療法士とは、簡単に言うとリハビリの専門家です。病気やケガで体が不自由になった人に対して、日常の基本的な動作を教えてくれます。立ち上がる・起き上がる・歩くなどの動きは、健康な時は意識せずやっていることですが、体に不調があると途端に難しくなるものです。理学療法士は国家資格であり、資格を取った後は病院や介護施設で働く場合が多いです。国家試験を受けるには学校へ行く必要がありますが、3年制か4年制の大学・専門学校いずれかを卒業すれば試験を受けることができます。学校では一般教養や専門分野の授業・実習などがありますが、各学校によって特色が違います。理学療法士の学校は夜間も充実しており、働きながら目指す人も多いです。なるべく短い期間で学費を抑えるならば3年制と考えがちですが、3年間だと密度の濃い授業となるため、ついて行ける環境かどうかの見極めが大切です。授業は何時からなのか、欠席した時のフォローは十分か、そして国家試験の合格率も大切な判断材料となります。実習でどのくらい臨床経験を積めるかも重要です。たとえ学費が高くても、そこが充実していて就職に有利そうであるなら良い学校だと思います。理学療法士の学費は、初年度でおよそ100〜150万円です。その後も年間100万円前後はかかってきます。一般的には昼間より夜間のほうが安い傾向にあります。学費は分割できる場合もありますし、社会人を応援して減額してくれる学校もあるので調べてみましょう。

勉強道具

夜間学部ならではの特徴

最近多くの学校が開設している理学療法士の夜間学部。働きながら理学療法士を目指せる事で注目されています。授業は21時位までなので、翌日に影響する事は少ないです。学費の負担も減らす事ができますが、ここでしか学べない事があります。それが現場経験です。リハビリ助手の斡旋も行っているからです。