理学療法士になるなら専門学校に通おう|学費の相場を紹介

必要になって行く仕事

施術

国家資格が必要

理学療法士は、病気やケガなど体に障害のある人や障害の起きる可能性のある人に基本的な生活をするための運動能力の回復や維持、悪化の予防を運動療法などを用いて、自立した生活を送れるように支援する医学的リハビリの専門家になります。理学療法士が必要とされる場所は、介護施設、病院、スポーツにおける健康管理、行政が行う健康予防の場所などがあります。理学療法士は国家資格が必要になり、この資格は、これからの仕事として必要な資格になります。この資格は国や自治体が認定したもので厚生労働大臣が免許を与えます。理学療法士の国家資格の試験を受けるには、大学、専門学校、短期大学などで必要な技術や知識を3年以上学ぶ必要があります。カリキュラムは、一般教養、臨床、専門基礎などの4種類の科目を学びます。学費などは、国立や私立、専門学校などにより差がでてきます。4年間の学費となると数百万円が必要になり、奨学金を使う人も多いようです。また、各学校により、学費のサポート制度もあるのでパンフレットなどで確認できます。学費は高額ではありますが、しっかりと勉強を行う事で合格率が上がります。理学療法士の合格率は、80%程です。これからの日本を考えた場合、高齢化社会になるにつれて様々な場所で必要とされる資格になります。医療の現場だけでなく、他の産業にも必要とされる職業となります。個人の家庭や地域の施設など活躍の場所は増えると思われます。人を支える医療は増々、重要となります。